LPガス

コメジ・ソシオでは、家庭用・業務用のLPガス販売及び供給を行っています。



1. 環境にやさしい


地球温暖化をはじめ、さまざまな環境問題に貢献するLPガス。

現在、世界規模で低炭素社会の実現に向けたさまざまな取り組みがなされています。
省エネルギーの推進を始め、化石エネルギーの高度有効利用や非化石エネルギーの導入拡大等の様々な施策が展開されています。
温室効果ガスを削減するには、クリーンなエネルギーを効率的に利用することが必要です。
LPガスは化石エネルギー(石油・石炭・天然ガス・LPガス)の中でも天然ガスとともにCO2排出量が少なく、燃焼時の排出ガスも極めてクリーンなエネルギーです。

2. 災害に強い

復旧も早く、避難場所での生活を支えるLPガス。

「地震列島」と呼ばれる日本では、災害発生時においても安定期的に使用可能なエネルギー源を確保することが重要な課題となっています。
LPガスは、各需要家ごとに個別に供給可能な「分散型エネルギー」なので、災害発生時にガスの供給が遮断された場合も、個別に調査・点検を行うことで 都市ガスや系統電力に比べて相対的に早く復旧させることができます。
また、通常の場合、家屋の横にLPガス容器が2本設置されており、言わば軒下に在庫がある状態となっているので、1本目が切れても、2本目で1か月以上ガスを使い続けることができます(50g容器×2本の場合)。
そして、緊急時のエネルギー源として、避難所や仮設住宅等にも迅速に供給することができます。


災害時に役立つLPガス機器


コンロ

災害用煮炊き釜

大型炊飯器(圧電点火方式)

ガスストーブ(連続点火式)

発電機


資料:日本LPガス協会


避難所で活躍するLPガス


地震災害等により家屋が倒壊した場合、被災者は避難所や仮設住宅での生活を強いられることになります。
そんな時でもLPガスは、給湯、煮炊きに加え、暖房、発電など行うためのエネルギー源として、当該施設に迅速に設置し、被災者の生活を支援することができます。これも「分散型」の特性を活かした大きな強みの一つです。


避難所で利用されるLPガス

避難所(埼玉県加須市)に供給設備を設置

炊き出し(石巻市)写真提供:(株)石油化学新聞社


資料:日本LPガス協会